個人事業主でも助成金が支払われる

助成金とは、国や地方自治体が、ビジネスを支援するために支払う金銭の事を意味する。基本敵に返済の義務はなく、提供されるという形になる。金額的には、数万円から数百万円と幅広く設定されている。

また、各自治体によって規定が異なり、金額の上限で設定しているところもあれば、申請件数によって定めている場合もある。
なお助成金は、従業員を複数抱える大会社のみならず、単独でビジネスを展開している個人事業主でも申請できるものがある。いくつかの種類があり、訓練計画や訓練の実施を認められた場合に支払われる「キャリア形成促進助成金」、新たに従業員を雇用する際に支払われる「正規雇用等転換コース」のほか、開発や事業拡大のための技術や知識を得るための教育費用を支援する「人材育成コース」などがある。

そのほかにも、ほかの会社ではなかなか採用されない就職困難な人のハローワークからの紹介を受け入れ、一定期間試用として雇い入れる際に「トライアル雇用奨励金」というものが支払われる制度もある。あとは、村おこしなど地域の活性化や地方再生を目的とするビジネスをスタートし、個人事業主となり、さらに雇用保険の対象となる人材を1人採用した場合は、開業資金や雇用にかかる費用の一部を助成してもらえる事がある。

この制度は、景気や世の動向によって刻一刻と変化している。個人事業主でも利用できる制度はいろいろあるので、一度問い合わせてみるとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です